そこには物語がありました。

二人が結婚を決めてから、式当日まで色々悩んで考えました。 派手な結婚式をお二人とも望みませんでした。でも二人の今があるのは ご両家のご先祖様があっての事。 報告と感謝の場が必要だと考えました。 新郎様の生まれ育ったお家が、空き家になってから数年経っていました。 ここで結婚の報告が出来たら、どんなに素敵か・・・ そこから二人の頑張りが始まりました。新婦様の手は荒れていました。草抜き・大工仕事新郎様と二人で頑張りました。 私達が伺った時には、心から感謝を伝える場がそこにありました。あまりの素晴らしさに言葉が出ませんでした。 私が理想とする結婚を二人が見せてくれました。 はなをご来店頂いたのは、挙式一ヶ月を切っていました。当日のお手伝いだけでしたが、感謝の気持ちでいっぱいです。 どうぞお幸せに・・・有難うございました。